第7回通常総会(開催期間 2007/06/02〜06/30)
NPO法人としての第5期目の通常総会内容です。 議案は・・・

 1号議案 平成18年度事業報告
 2号議案 平成18年度決算
 3号議案 平成19年度事業計画(案)
 4号議案 平成19年度予算(案)

H18年度通常総会資料
・1号議案(H18年度事業報告)
H18年度事業報告(PDF形式)
協議会の収入構造はスタート当初から変わっておりません。 地域イーサ網整備事業の収支利益分を他の赤字事業に補填しています。 H18年度中は道の駅(富楽里、鄙の里)や、JIU安房キャンパスの解約などがあり、地域イーサ網関連事業に関しては厳しい年でした。 コストダウンの努力を続けてはいますが、現状では改善する見込みが見出せません。 しかしながら行政関係で使用することもあって 高セキュリティを要求されていることから、いましばらくは現状の構成で利用が続くと思われます。  また、「Bフレッツ」の利用が開始されたと言っても、エリア拡大の見通しもたっておらず、南房総地域の通信インフラ整備と コストダウンに関して更なるレベルアップのビジョンが描けない状況であることも事実です。 そういう最中にあって、コンテンツの拡充 では「房州わんだぁらんど」をスタートでき、ITリテラシーに関しても少しずつですが前進しています。
・2号議案(H18年度決算)
H18年度決算資料(PDF形式)
H19年度スタート直後から活動をしかkり実施し、かつ資金運用の安全性をたかめるため税金をちゃんと支払い資金ストック することとしました。 皆さんの無償ボランティアのおかげです。
・3号議案(事業計画)
H19年度事業計画資料(PDF形式)
活動の3本柱、地域の「通信インフラ」「コンテンツ」「ITリテラシー」の向上及び整備に関して方針は変更ありません。 地域メディアセンターの運用に関しては、未だ流動的ですが年度中に実現する方向で努力します。 館山氏観光協会に提供 している「空室管理システム」は廃止の方向で調整中となっております。
・4号議案(予算案)
下記、予算書を参照のこと。
H19年度事業予算資料(EXCEL形式)
さて、今年度の予算ですが、この内容で承認が得られれば次月(6月)より執行します。 既に、一部この予算を想定して動いています。 事業項目別に集計しているので見てください。

・インフラ(地域イーサ網事業)収入
3減1増です。年間で450万程度の黒字の見込みです。

・コンテンツ

・リテラシ

・道の駅保守管理

・地域メディアセンター

・事務、管理など