-活動実績

ICT教育環境支援

ICT教育環境支援

そうだ!ネットデイをしよう!!

netday3netday2netday1

千葉県館山市では、小中学校15校のうち11校でネットデイが行われました。
普段あまり学校に関わることの少ないお父さんたちが大勢集まって工事や配線を担当し、生徒やお母さんたちは昼食の準備など、みんな得意なところで大活躍です。
NPO南房総IT推進協議会はネットデイ及びアフターネットデイとして学校のICT教育環境の推進と支援をしています。


過去のネットディ実施事例


ネットデイとは?

ネットデイは単なる安価な校内LAN配線工事ではありません。

 「ネットデイを地域イベントに - 地域の人的ネットワークの再構築を促進」

校内ネットワーク整備が遅々として進まない2000年初頭、兵庫県ではネットデイをボランティアによる単なる配線工事としてではなく、保護者や地域住民そして子ども達も巻き込んだ、コミュニティおこしの地域イベントとして実施。県内各地で「ネットデイリレー」として展開されました。
館山市で実施されたネットデイはこの兵庫県方式を手本とした日本型ネットデイであり、安価な校内LAN工事を実施することにより地域人的ネットワークを構築することが真の目的です。(参考:欧米型ネットディは企業の支援事業として行われました)・・・言いだしっぺは「石井」です。

時代はアフターネットディへ・・・学校におけるICT教育環境の推進及び支援

ict2s

 2002年2月に館山二中で始まったネットデイは2008年までにほとんどの館山市内小中学校で行われました。そして、ネットデイに関わった地域住民や保護者の中から学校のICT教育環境に対して深い関心を持つ人が生まれました。

 「学校のICT環境をよくするために、自分たちでできることは自分たちでやろう!」

子どもたちが自由に使えるパソコンは、企業から機械の入れ替えで不必要となったパソコンを譲り受け、ソフトはマイクロソフト社から寄贈パソコン用のソフトの無償提供を受けることができました。
その後、この活動が「館山市ICT教育推進実行委員会」として平成20年5月28日の発足。各小中学校のICT担当教諭15名、市役所(教育委員会)担当者、当協議会会員、地域ネットデイ協力者で構成されました。今ではICTを使った授業の支援や、気軽に先生の相談にのったり、パソコンの設定や簡単な保守作業も行っています。

 私たち「NPO南房総IT推進協議会」は、このような活動が館山市のみならず多くの自治体で実施され、地域住民と一緒になって地域教育力の向上を目指しています。