渚の駅で、わがまちCMをARでお楽しみいただけます

IMG_7091edited

現在、高速ジェット船 セブンアイランド“春の季節運航”が4月6日(日)まで、館山夕日桟橋から毎日運航されています。「渚の駅たてやま」の1階の客船ターミナルでは、先日行われた成果発表会のミニバージョンとして、わがまちCMをARで楽しめる展示を行っています。

スマートフォンやタブレット端末にアプリ「Aurasma」(オーラズマ)をインストールしてお楽しみください。インストール方法は、会場の展示パネル、またはこちらでご確認いただけます。
対応OS:Android4.0以降、またはiOS5.0以降

尚、「渚の駅たてやま」では、スマートフォンやタブレットの貸出は行っておりませんのでご注意ください。

また、「高速ジェット船 春の季節運航」については、以下をご覧ください。
http://www.city.tateyama.chiba.jp/minato/page100136.html

成果発表会 実施報告

032
2月8日から15日まで、館山市コミュニティセンター 1F 第一講習室で開催された「平成25年度 館山市ICT利活用推進事業 スマホ&タブレットで鑑賞しよう 飛び出す!動く!楽しむ!AR発表会」が終了しました。

この発表会では、市民の方々に本事業の成果を広く知っていただくと同時に、スマートフォンやタブレット端末の新しい活用法として、新しい情報通信技術「AR」を紹介。7日間で、のべ100名を超える皆さんにご来場いただきました。

会場では、展示された写真やイラストにスマートフォンやタブレット端末をかざすと、「わがまちCMコンテスト2013」の動画や、海老原武雄氏撮影の映像作品『昭和基地再開 第七次隊の記録』、館山航空基地隊のPR映像などが流れるようになっており、展示から映像が飛び出すARの楽しさを体験していただきました。

また、中央の机を使用した「体験コーナー」では、タブレット端末で、インターネット、Youtube、地図検索、さらに無料で楽しめる「青空文庫」もご体験いただけるようになっており、「タブレットは初めて」という方が熱心に使い方をスタッフに質問する姿も見受けられました。

お子様向けに用意した、ぬりえARアプリ「colAR」は反響が大きく、子どもだけでなく大人も、自分自身が色づけをした絵が動き出す様子に驚き、感動。「面白い!」「どうして、こうなるの?」と、ARや新しいICTに対してさらに関心を持っていただくことができました。

今回の発表会から新しいヒントを得て、館山市から新たな試みが始まることを願っています。ご協力いただいた関係者の皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


ぬりえARアプリ「colAR」

第4回スマホ初心者講座 実施報告

IMG_7030

2月15日10:00から、第4回スマホ初心者講座が、館山コミュニティセンター1階第一講習室で開催されました。本事業としては、最後の開催となったスマホ初心者講座。「購入前にスマホを試してみたい」「便利な活用法を知りたい」など、様々なニーズをお持ちの方、計10名にご参加いただきました。

講師の谷川さんから、携帯電話とスマホの違いといった基礎知識から、検索、音声入力、さらに地図機能、ワンセグやyoutubeの閲覧など便利な機能を学んでいきました。

講座の最後に、成果発表会の体験コーナーで人気のARぬりえアプリ「colAR」を各自がGoogle Playからインストール。ぬり絵にスマホをかざすとイラストが飛び出して動き出すARを体験していただき、スマホの楽しさと可能性を体感していただきました。

「スマートフォンを持っても使いこなせない」と不安を感じている人も多いですが、機能のすべてを使いこなす必要はないと考えた方がいいのかもしれません。自分の暮らしに必要な機能を知り、さらに楽しいアプリで自分の興味を広げていくのが、スマートフォンと付き合うよい方法。参加者の皆さんも楽しみながら操作に慣れていき、最後には笑顔に。「定期的に開催してほしい」という声も聞かれました。

成果発表会が、房日新聞に掲載されました

房日記事_20140213
(2014年2月13日 房日新聞掲載)

房日新聞で「館山市ICT利活用推進事業 成果発表会」が紹介されました。
掲載記事のウェブページは、以下になります。
房日新聞 集大成を新技術で紹介 館山でICT事業の発表会

今回の発表会は、どなだでも、新しい情報通信技術「AR」を楽しみながら体験できるイベント形式で行われており、会場では、本事業の講座で制作された「わがまちCMコンテスト2013」の動画、館山のPR動画などを、スマートフォンやタブレット端末で鑑賞することができます。

スマートフォンやタブレット端末をお持ちでない方への貸出も行い、お子様向けにARを使ったぬりえの体験コーナーもご用意しています。開催は、2月15日までになりますが、どうぞお気軽にお越しください。

プレゼンテーション講座 実施報告

IMG_6954

2月10日(月)14:00から、プレゼンテーション講座が館山コミュニティセンター第1集会室で開催されました。

昨年5月に、まちづくり活動報告会「まちプレ」を開催し、地域の情報発信力の向上には思いを伝える“プレゼン力”が欠かせないと実感。小島妃佐子さん(地域SNS「山武SNS」管理人、「FMさんむ」設立準備委員会副会長)を講師に招き、プレゼンテーションの準備のプロセスや目的意識の持ち方を学びました。

後半は、1チーム2人~3人に分かれてのワークショップ&グループ発表。「地域の宝物」をテーマに短時間でプレゼン案を練り、実際に1チーム5分の時間制限の中でプレゼンテーションを行いました。「プレゼンテーションは初めて」という参加者も多く、「時間配分が難しい」という声も聞かれましたが、どのチームも短時間でテーマをまとめ、熱気あるプレゼンが繰り広げられました。

グループ発表を終え、講師の小島さんからは「資料を作って安心してしまわないよう、与えられたテーマに対して『何を伝えたいか』から、ストーリーを組み立ててみれば、おのずと時間配分も決まってきます。相手をワクワクさせるのが、プレゼンテーションの鉄則。聴衆をハッとさせる掴みを大切に、聴衆と一緒にプレゼンを楽しみましょう。これから皆さんのお仕事にも生かしていってください」という総評をいただきました。

参加者からは、「テーマに関する知識があっても、話の筋道、ストーリーを作って、事前にきちんと準備をしないと、いいプレゼンができないとわかりました。これから勉強していきたい」「人前で話すことは緊張しますが、もっと話す機会を増やしていきたい」「今後、プレゼンを聞く立場になったときも、いい部分などを盗んで、自分のプレゼンに生かしていきたい」など、意欲的な感想をいただきました。

第3回スマホ初心者講座 実施報告

 
IMG_6835
 
2月8日10:00から、第3回スマホ初心者講座が、館山コミュニティセンター1階第一講習室で開催されました。

今回は、平成25年度 館山市ICT利活用推進事業の「成果発表会」が、同会場で行われており、まずは、館山市役所情報課石井課長から事業に関するご案内も行われました。

IMG_6820

スマホ初心者講座は、好評につき3度目の開催となり、今回もたくさんのご応募・お問い合わせをいただきました。この日は、朝からあいにく雪が降っていましたが、「購入前にスマホを試したい」「もっと活用法を知りたい」など、様々なニーズをお持ちの方、計6名にご参加いただきました。

講師の谷川さんから、携帯電話とスマホの違いといった基礎知識から、検索、音声入力、さらに地図機能など便利な機能を学んでいきました。「これまでスマホをなんとなく使っていたけれど、しっかり基本操作を学んでみたかった」という方や、「高齢者向けのスマホを使っていたけれど、普通のスマホは初めて」という方もおり、前回よりも、アプリの活用に興味を持つ方が増えるなど、多くの方にとってスマホがより身近になってきていると感じました。

2月8日より、成果発表会が始まります

20140204104958ict_exhibitちらし表-2

平成25年度 館山市ICT利活用推進事業では、2月8日から15日まで、館山コミュニティセンターで「スマホ&タブレットで鑑賞しよう 飛び出す!動く!楽しむ!AR発表会」を行います。

会場に展示された写真やイラストにスマートフォンやタブレット端末をかざすと、本事業の講座で制作された「わがまちCMコンテスト2013」の動画、館山のPR動画、インタビュー動画などを鑑賞することができます。どなだでも、新しい情報通信技術「AR」を楽しみながら体験できるイベントです。

「AR」は、実際に見たり、聞いたり、触ったりする情報に、コンピュータで加工処理された情報をリアルタイムに重ねて、人間の感覚を拡張・強化する技術です。最近では、新聞や雑誌、チラシなどの印刷物にスマートフォンをかざすと動画が配信されるなど、「AR」が幅広い分野で活用されています。

会場では、スマートフォンやタブレット端末をお持ちでない方への貸出も行っています。スマホ操作が苦手な方、お子様、タブレット端末を試してみたい方にも、スタッフが使い方をわかりやすく説明します。

ぜひ、お気軽にお越しください。


ご自身のスマートフォンやタブレット端末に、ARアプリをインストールすることもできます。インストールと設定の仕方は、以下をご覧ください。
(対応OS:Android4.0以降、またはiOS5.0以降)
20140204105506ict_exhibitちらし裏-2

(1)App StoreやGoogle Playで、ARアプリ「Aurasma」(オーラズマ)を検索し、スマートフォンやタブレット端末にインストールしてください。
Aurasma(オーラズマ)[無料] →Google Play →itune store

(2)「Aurasma」を起動して、画面下にある虫眼鏡マークをタップし、検索画面に進みます。「BOSO’s Channel」を見つけて、タップしましょう。

(3)「BOSO’s Channel」の右上にある「フォローする」または「Following」をタップすると、「○」が「●」に変わります。

(4)カメラ撮影モードにして、ちらしの中の写真にかざします。ピントが合うと渦巻きのような表示が表れて動画が再生されます。

・再生された動画をダブルタップすると、動画が全面表示されます
・FacebookやTwitterにシェアすることもできます
・通信状況や端末、OSのバージョンによっては動作しない場合もございます

ライブ中継報告「第34回館山若潮マラソン大会」 

top_IMG_0339

 

 

 

 

 

 

2014年1月26日(日)に開催された「第34回館山若潮マラソン大会」のライブ中継を実施しました。

ライブ中継は「みなラジ」「USTREAM」を使って「渚の駅たてやま」2階にある渚の博物館学芸員室からマラソン大会の熱気を伝えました。
携帯電話からのコース実況中継も加えて、コースの名所や高校生の「こどもレポーター」OBを交えた若潮マラソンの思い出、そして渚の博物館館長の岡田さんからは安房神社と洲崎神社についてのお話頂き、多彩な内容で3時間中継しました。

再放送は下記URLでお楽しみになれます。
 専用チャンネル:http://radio.mbit.or.jp:8000/wakashio
 USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/43091022

SDIM0212

j_IMG_4270

4_IMG_0315

1_IMG_0188

2_IMG_0191

3_IMG_0192

5_IMG_0284

6_IMG_0233

7_IMG_0362

8_IMG_0337

9_IMG_0221

a_IMG_0308

b_IMG_0346

c_IMG_0288

d_IMG_0328

e_IMG_0206

f_IMG_0291

g_IMG_0348

h_IMG_0374

i_IMG_0223

電子書籍&Androidアプリ講座 実施報告

    
040

11月16日30日、12月7日14日と、全4回に渡って館山市コミュニティセンターで行われた、「初級電子書籍講座」と「Androidアプリ制作初心者講座」が終了しました。

「初級電子書籍講座」は、技術革新が目覚ましく、日々進歩していく電子書籍の概要を説明しながら、ePUB作成ソフト「Sigil」を使った作成体験、さらに「Amazon Kindle」と「Paboo」での出版方法までを丁寧に解説。また、デジタル図書館やデジタル教科書など、実際の生活における電子書籍のこれからについても興味を持っていただくこともできました。遠くない未来、この講座をきっかけに生まれた電子書籍が、デジタル図書館の本棚に並ぶこともあるかもしれません。

「Androidアプリ制作初心者講座」は、アプリを開発するための環境構築からスタートしましたが、開発ツール「Eclipse」などのダウンロードやセットアップに苦戦。トライ&エラーを繰り返すことで、だんだん不具合の原因を自分自身で掴めるようになり、徐々にアプリ開発への理解が深まっていったようでした。難しいと感じた方が多かった分、講座の連帯感が深まり、デジタル時計やストップウォッチのアプリがエミュレーター上で動いた時のワクワクする気持ちも味わっていただけたと思います。

市民1人1人の情報発信力向上や、地域社会(産業)のICT分野への対応力醸成を目指した、これまでになく難易度の高い講義でしたが、和やかな雰囲気の中で講座を進めることができ、スタッフ一同、感謝しています。参加者の皆様、お疲れ様でした。