-最近の主な取り組み

ふるさと百科データベース

ふるさと百科データベース

青本・赤本の呼び名で親しまれている「ふるさと学習副読本」の内容を、インターネット上で検索できるようにデータベース化しました。
現在は、「安房の観光情報」を組み込み「南房総データベース」というサイトとして、館山市のさまざまな情報を得ることができます。

⇒ご利用はこちらから


「ふるさと百科データベース」について

館山市教育委員会がふるさと学習副読本として、「南総たてやま発見伝-歴史・自然・未来編-」(青本)と「南総たてやま発見伝-まちのようす・くらし編-」(赤本)を発行(平成14年3月初版)しました。その内容をデータベース化してキーワード検索で探せる子どもたちが調べ学習に役立つサイトとして制作しました。
既に貴重な資料となっている「館山市の広報」を過去から現在に至るまでをデジタル化してこのサイトに加えたり、内容を適宜更新・修正することにより、現在のボリュームになっています。